婦人

ペン字なら綺麗な書き方を基礎から習える!

プロから指導が受けられる

ウーマン

多忙な人のためにも、役立つ知識を習得できるのが通信講座の選び方として定着しています。近年では時間への融通性のみならず、勉強法やモチベーションを高められることでも選ばれており、やる気が必要な資格や免許を視野に、様々なジャンルの選択が支持されています。

実用的な学びを指導

ペン

学び方の違いから選ぶ

すぐに使える・ずっと役立つなど、学びを提案するのは教育施設ばかりではなく、通信によっても提供されています。特に年齢・性別問わないのは、ペン字です。仕事にプライベートに使えるスキルとして身につけたいユーザーも多く、通信講座としても人気を集めているほどです。選び方として、通信の世界では実用的に活用したい場合、ボールペン字と筆ペン字などの筆記用具の違いからも選択できます。仕事柄必要となるのか否か、教材内容にも関係してきます。例えば、ボールペン字の場合、TPO問わずに活用できます。美しい手書きの文字で年賀状・履歴書・ビジネス文書まで、様々なシチュエーションに役立てることが期待されます。ペンの種類も、ボールペンから万年筆までに対応できるのも特徴の1つです。一方、筆ペン字は、書道などの毛筆ならではの品格ある筆文字が学べる魅力があります。通信において、講師には書道家が携わるケースもあり、本格派向きで、暮らしに役立つより、優雅さと硬筆や軟筆の筆のクセを生かしたい人に適しています。例えば、大切なシーンで目上の方にも好印象を与えるのし紙や送り状、賞状などの職へ結びつけることが可能です。また、通信において、ひとりの学びとするのか、それともレッスンとして講評や添削による指導を受けられる学び方とするのか、こうした違いも挙げられます。マイペースに始めたい場合には、ひらがなから教材内容に沿って、なぞり書きから始められます。レッスンでは短期間の集中型として、コツやつづけ字までが習得できる内容です。

学びのスタイルも様々

レディ

通信教育を含め、専門学校やスクールなどに通い、勉強する学生は増えています。通う魅力や学ぶ動機など、学生1人1人で異なるものの、学びたいに応える教育施設が開校していることで、多くの若い世代が多方面で活躍できています。

通信講座で学ぶ

原稿用紙

受験などにおいて、小論文が必須科目となっていることがある。小論文では、業者などを活用することで添削してもらうことが重要である。業者では添削のみに留まらず、記載の基本などから教えてもらえるものも多くなっている。