教材

ペン字なら綺麗な書き方を基礎から習える!

通信講座で学ぶ

原稿用紙

大学の入試試験などにおいては、小論文が試験科目としてあるケースも多い。小論文ではテーマへの知識が必要であったり、起承転結を分かり易く整理する必要があるなど作成への能力が必要であることから、試験で試されることも多い。小論文を作成した際には、個人で添削することが難しいということがある。小論文を書いた本人には分かり易いものでも、他人が見た場合には内容が理解できなかったり、辻褄が合っていない場合もある。その為、小論文対策を行う場合には、第三者の添削を受けることがポイントになる。小論文添削において、最近広く利用されているサービスに通信教育がある。小論文では記載した内容を電子データとして送り易く、添削する側もそれを見てコメントしやすいことから、通信講座として小論文添削を用意している業者も多い。料金も数千円程度で利用できるなど、比較的低コストで利用できるものが多い。サービスによっては、1本当たりの添削での費用設定になっていたり、月謝の形式で料金設定されているものなど業者により異なる。月謝形式の講座では、小論文の添削と合わせて記載の仕方など基本から教えてもらえる講座形式になっているものもある。特に記載を始める場合には、どのような流れで記載したらよいか分からないこともある。その為、講座を受けて基本的な書き方を身につけてから行う方が、効果が高いということがある。添削で指摘を受けた事項は、次に記載する際に活かしていくことがポイントでもある。